レビュー

【億男】映画の感想|3億円と共に消えた親友。ある日突然”億男”となった男が知った真実とは。

億男
総合評価

「億男」のあらすじ、感想です。

ありふれたテーマのようで、実はあまり観たことがなかった「お金」にまつわる映画。しかも、主人公は宝くじの高額当選者という設定が、興味をそそりました。

主人公が3億円を友人に持ち去られる…というあらすじから、登場人物たちが複雑に絡み合うミステリー仕立ての物語を想像して、観始めました。

  1. 宝くじ高額当選者のリアルな心理
  2. 壮大なモロッコの風景
  3. 当選金を持って消えた親友。意外な真実

スポンサーリンク

億男 基本情報

原作 小説 「億男」川村元気
監督 大友啓史
出演者 佐藤健、高橋一生、黒木華
公開時期 2018年
ジャンル 人間ドラマ

億男 あらすじ

大倉一男は、兄の保証人になったことで多額の借金を背負い、妻子と別居。日中は図書館司書、夜は工場で働く生活を送っていた。

ある日、一男は商店街の福引でもらった宝くじが、3億円に当選していることに気がつく。借金を返済できると喜ぶ一男だったが、宝くじの高額当選者は不幸な人生を送る、というネット記事を見てからは不安が募り、大学時代の親友・古河九十九に相談する。

九十九は大学を中退後に起業し、億万長者となっていた。当選金は銀行に預けるのではなく、現金で持つべきだと言う九十九に従って、一男は3億円を現金で銀行から引き出す。

「まずはお金を使ってみよう」と言う九十九とともに、豪華なパーティで酒を飲んだ一男は、酔いつぶれて眠ってしまう。そして朝、一男が目を覚ますと、3億円の札束とともに九十九の姿が消えていた…。

億男 ツイッターの反応

億男 個人的な感想 ⚠︎ネタバレ有り

宝くじで3億円当たったら、まず誰に話すか?

普通に考えれば、家族かな…と思うのですが、主人公・一男は、妻には言わず、大学時代の友人・九十九に相談します。

急に思わぬ大金を手にした時、使いみちより先に、誰に打ち明けるべきか?という問題があるというのは、なかなか面白い気づきでした。

一男の当選金3億円を持って、友人の九十九は姿を消します。その行方を追って、一男が九十九のビジネス仲間である”億男”(億万長者)たちを訪ね歩く…というのが前半の展開です

“億男”たちが一男に語る話からは、人を翻弄し、時には人生を狂わせるお金の魔的な一面が、浮かび上がってきます。

お金に踊らされる人間の滑稽さを描く前半は、北村一輝、藤原竜也ら実力派俳優の個性的な演技も魅力的で、興味深く観ました。

一方、後半は一男と九十九の関係性に焦点が当たります。

最後は、九十九が当選金を持って姿を消した理由も判明しますが、正直に言って、後半はだいぶ冗長な印象でした。

例えば、大学時代に一男と九十九が行ったモロッコ旅行の回想に、かなり長い時間が割かれます。

旅行のエピソードを通じて、九十九の人間性や、国や立場によって変わるお金の意味、二人の絆などがわかるものの、描写が長すぎて、映画鑑賞では珍しく、眠気を感じてしまいました。

そして、後半の印象は、そのまま映画全体の印象でもあります。

「億男」が扱うテーマは、高額当選者のリアルな心理、億万長者が語るお金の光と闇、お金が変える人間関係…など、興味深いものばかり。

でも、ストーリー的には、今の三分の二…あるいは半分くらいの上映時間に、凝縮できるのではないか?と感じてしまいました。テーマが面白くて、俳優陣の演技もよかっただけに、間延びした印象は残念です。

ちなみに、もし内容を凝縮して時間が余ったら、描いて欲しかったのは、一男の3億円の使いみちです。

高額当選者の「当選時の心理」がリアルで面白かったので、「当選後の未来」についても踏み込んだ方が、バランスが良かったように思いました。

冒頭の問いに戻りますが、もし宝くじが当たったら…と想像する時は、使いみちの他に、「誰に、どんな風に打ち明けるか」についても、考えておいたほうがよさそうです。

その答えによっては、自分自身のお金に関する価値観と、周囲の人とのお金をめぐる関係性について、新たな発見があるかもしれません。

億男 を観た人にオススメの作品


「あなたに降る夢」
1994年のアメリカ映画。宝くじで400万ドル当たった男をめぐる物語。実話を元にしたストーリーです。

\ 関連作品を観る /
U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です