アニメ

【すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ】映画の感想|”すみっこ”を飛び出したすみっコの仲間たち。絵本の世界で冒険が始まる。

すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ
総合評価

「すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」のあらすじ、感想です。

すみっコぐらしは、キャラクターとして名前を知っている程度でした。

映画に興味を持ったのは、公開後「思いがけず泣いた」「大人だけど感動した」などの感想で、SNSがいわゆる”バズった”状態になったことがきっかけです。

さらに、テレビの情報番組で流れた”男性限定上映会”の様子。子供向け、あるいはキャラクターファンの女性向け映画というイメージだったので、大人の男性で満席の光景には驚きました。

「正直、すみっコぐらしのことはよくわからない。でもとりあえず観てみたい」という強い気持ちが湧き、勢いにまかせて劇場へと向かいました。

  1. 個性あふれる”すみっコ”たち
  2. ”すみっコ”たちの関係性
  3. 絵本に隠された秘密と、意外な結末

スポンサーリンク

すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ 基本情報

監督 まんきゅう
脚本 角田貴志
出演者 (ナレーション)井ノ原快彦、本上まなみ
公開時期 2019年
ジャンル アニメーション

すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ あらすじ

はずかしがりやだったり、自分に自信がなかったり、寂しい思いをしていたり…。ちょっぴりネガティブなすみっコたちの共通点は、「すみっこが好きなこと」。

ある日、すみっコたちはみんなでお気に入りのカフェ「喫茶すみっコ」を訪れる。

席に座り注文した料理を待っていると、地下の方から聞こえてくる怪しい物音。

怖がりながらも、音の正体を確かめにいったすみっコたちは、地下室でボロボロになった”とびだす絵本”を見つける。

すると、突然大きな穴が現れて、すみっコたちは次々に絵本の中へと吸い込まれていく。

「桃太郎」「マッチ売りの少女」など、様々なお話がある絵本の世界に入ったすみっコたちは、一匹のひよこに出会う。ひよこは、自分が誰で、どこから来たのかわからない迷子だった。

すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ ツイッターの反応

すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ 個人的な感想 ⚠︎ネタバレ有り

映画を観て初めて知ったのは、「すみっコぐらし」は単に可愛いだけでなく、意外に個性的なキャラクターだということ。

例えば、”とんかつ(とんかつの端っこの部分)”と、”えびふらいのしっぽ”というキャラは、人間に食べ残された寂しさを胸に抱え、いつか誰かに食べてもらうことを夢見ています。

シュールすぎる設定がなんともユーモラスで、「すみっコぐらし」のことが前よりも好きになりました。

映画のストーリーは、絵本の中に入った”すみっコ”たちが、一匹の迷子のひよこと出会い冒険をする、というシンプルなものです。

ほのぼのと可愛らしい描写が続く中、一番魅力を感じたのは、すみっコたちの近すぎず遠すぎない、絶妙な距離感でした。

はずかしがりや、自分に自信がない…そんな”すみっコ”たちは、ちょっぴりネガティブな自分のまま、自然体で他の”すみっコ”と一緒にいます。

自分も相手も否定せず、ほどよい距離感で他者と接する”すみっコ”たちの関係性は、人間関係としても理想的だと感じました。

このように、一見単純そうに見えて、深い考察もできる”余白”が、「すみっコぐらし」にはあります。大人にも人気がある理由が、一つわかったような気がしました。

しかしその一方で、映画レビューでこれほどまでに絶賛され、ブームになっていることが腑に落ちたか?と言えば…正直「うーん…」と考え込んでしまいます。

確かに、映画の終盤で明らかになったひよこの秘密と、”すみっコ”たちがひよこのために取った行動には、驚きと感動がありました。

それでも、心がじんわりと温まる程度。

レビューで見かけた「涙が止まらない」「意外な結末に言葉を失う」といった、劇的な感情の変化は、ありませんでした。

元々その作品に興味がなかった(今回の私のような)観客が、口コミを頼りに映画を鑑賞する場合、期待値は通常より高くなりがちです。

すると、内容は決して悪くないのに、高すぎる期待と現実とのギャップで、「期待したほどではない…」と感じてしまうことがあります。

どうやら今回は、このパターンにはまってしまったようです。

口コミは、素晴らしい映画に出会うきっかけになる一方で、過剰な期待と先入観で作品を観てしまう一面があることを、改めて感じました。

とはいえ、「すみっコぐらし」の意外な魅力に気づいたこと、そして何より、気になってたまらない映画を自分の目で確認できたことには、とても満足しています。

少々当てが外れることがあっても、レビューや口コミで興味を持った映画はこれからもどんどん観ていきたい、という思いは変わりません。

すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ を観た人にオススメの作品


映画「若おかみは小学生!」
人気児童文学が原作。本作同様、SNSで「大人が感動する」「意外な名作」という口コミを見て鑑賞。実際に”大人だからこそ”泣けました。

\ 関連作品を観る /
U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です