アニメ

【ドラえもん のび太の月面探査記】映画の感想|大人でも楽しめる!月面×ドラえもん

ドラえもん のび太の月面探査記
総合評価

「ドラえもん のび太の月面探査記」のあらすじ、感想です。

子供のころから観てきた映画ドラえもんシリーズ。今回は人気作家・辻村深月が脚本を担当するとのこと。現代の若手小説家は、ドラえもんをどんな物語にするのだろう?とワクワクしながら劇場に足を運びました。

  1. ドラえもん映画初。月面が舞台のストーリー
  2. 異説と定説?大人も楽しめる科学の世界
  3. 「想像力」がもたらすもの。映画の深いメッセージ

スポンサーリンク

ドラえもん のび太の月面探査記 基本情報

原作 漫画 「ドラえもん」藤子・F・不二雄
監督 八鍬新之介
脚本 辻村深月
出演者 (声の出演)水田わさび、大原めぐみ、広瀬アリス、柳楽優弥、吉田鋼太郎
公開時期 2019年
ジャンル 長編アニメーション

ドラえもん のび太の月面探査記 あらすじ

月面からの映像に映ったナゾの白い影。

のび太は「あれは月のウサギだ!」と主張するが、もちろんクラスメートは誰も信じない。
悔しがるのび太は、ドラえもんに頼んで「異説クラブメンバーズバッジ」を出してもらう。
天動説のように世の中で「異説」とされることを、バッジを付けているメンバーにだけ、現実にする道具だ。

「空気があって、生き物が住める」という、異説の月に向かったのび太とドラえもん。
二人は「動物ねんど」で作ったウサギで、ウサギ王国を建設して地球へと戻る。

翌日二人は、不思議な転校生・月野ルカ、ジャイアン、スネ夫、しずかとともに再び月に向かい、ウサギ王国で楽しい時間を過ごしていた。
ところがそこにルカを狙う、恐ろしい敵が現れて…。

ドラえもん のび太の月面探査記 ツイッターの反応

ドラえもん のび太の月面探査記 個人的な感想 ⚠︎ネタバレ有り

派手な場面も多い中で、泣けたのは意外なシーンでした。ゴダートに連れ去られたルカを助けるために、地球から再び月に戻ろうとするのび太たち。「一度家に帰って、夜7時またここに集まろう」と約束して別れます。
夜になって、家をそっと抜け出すのび太、ジャイアン、スネ夫、しずか。ここで彼ら一人一人の心中や葛藤が、実に丁寧に描かれます。

通常の子供向けアニメであれば、省略する場面です。「主人公が敵と戦うこと(そして勝利すること)」は当たり前だから。でもこの映画では描きます。安全な地球の温かい家庭に帰ってきたのに、あえて危険な場所に戻る。本当は行きたくない。でも行かなければならない。ヒーローではない、「普通の子供たち」の迷いや不安が伝わってきて、ほろりと泣けました。こういう心の機微をしっかり描くところが、小説家の脚本らしいなと思います。他のドラえもん映画ではあまり記憶にありません。

ちなみに、このシーンをモチーフにした宣伝用ポスターが素晴らしい出来栄えなので、映画と合わせて見るのがおすすめです。

破壊兵器を作り地球を侵略しようとする帝王ディアボロへ向けて、ドラえもんが叫ぶ言葉も印象的でした。

「想像力は未来だ!人への思いやりだ!それをあきらめた時に破壊が生まれるんだ」

この台詞を聞いて「ドラえもん、深いな…」と内心唸りました。想像力が科学の発達につながり、科学の発達が破壊兵器につながる…という流れは現実に起きています。「もたらす『結果』を正しく想像できなくなった時、人間は破壊兵器を使ってしまう」と言っているように聞こえました。

ディアボロが、実は人工知能だったことも現代らしい設定。テレビや雑誌で見かける「AIがもし暴走したら?」という話題が、現実味を帯びてくるようなシーンでもありました。

ドラえもんの映画ですが、小さい子どもが観るには少し難しい部分もあります。それでもちゃんと「いつも通りのドラえもん」もいて、大人も子供もそれぞれの楽しみ方が見つかる映画だと思います。ひさしぶりにドラえもん映画を観てみようかな…と思っている大人に、特におすすめしたい作品です。

ドラえもん のび太の月面探査記 を観た人にオススメの作品


「ドラえもん のび太と鉄人兵団」本作同様ロボット・AIをめぐる物語。公開は30年以上前ですが、現代に通じるテーマの作品です。

\ 関連作品を探す /
U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です