レビュー

【22年目の告白 -私が殺人犯です-】映画の感想|時効成立後に名乗り出た真犯人。衝撃のサスペンス。


22年目の告白 -私が殺人犯です-
総合評価

「22年目の告白 -私が殺人犯です-」のあらすじ、感想です。

タイトルからもうセンセーショナル。さらに、予告映像を観ただけで、映画前半の怒涛の展開が十分わかるので、ずっと気になっていました。藤原竜也のポスターはもの凄いインパクトだし、予告や宣伝がどれも胸をざわつかせる仕様になっているのが、上手いなあと思います。Amazonプライムビデオでノーカット版を鑑賞しました。

  1. 連続殺人犯と名乗る男に魅入られ、翻弄される人々
  2. まさかのどんでん返し。予想できないストーリー展開

スポンサーリンク

22年目の告白 -私が殺人犯です- 基本情報

原作 韓国映画『殺人の告白』(2012年)
監督 入江悠
出演者 藤原竜也、伊藤英明、夏帆
公開時期 2017年
ジャンル サスペンス

22年目の告白 -私が殺人犯です- あらすじ

1995年に東京で起きた連続絞殺事件。被害者を殺害する様子を、被害者の関係者に故意に目撃させるという、異様で残虐な手口の犯行だった。当時捜査を担当していた刑事・牧村航の上司もこの事件の被害者であり、牧村自身も犯人に命を狙われていた。事件の時効が成立した22年後、「自分が犯人だ」と名乗る男が、突如現れる。その男、曾根崎雅人は告白本を出版し、整った見た目と派手なパフォーマンスで世間の注目を集め、一躍時の人となる。メディアと世間を手玉に取った曾根崎の言動に、牧村と事件の遺族たちは翻弄されていく…。

22年目の告白 -私が殺人犯です- ツイッターの反応

22年目の告白 -私が殺人犯です- 個人的な感想 ⚠︎ネタバレ有り

22年前の事件の残虐さを考えると、曾根崎が登場してからの流れは、観ていて苛立ちを感じました。「なぜ、こんな男を祭り上げるのか…」。

実在の未解決殺人事件を思い浮かべると、曾根崎のような男が現れたら?と想像することはわりと簡単です。

自分なら「殺人犯をもてはやすことはない」と断言したい。でも、SNS・ネット経由で世論が犯罪者崇拝に向かうことが、今後絶対ないとは言い切れません。このような意味で、本作には社会的な問題提起も、かなり含まれています。

映画の中盤。「曾根崎は犯人ではない。自分こそ真犯人だ」と名乗る人物が現れることで、物語は急展開します。その人物は、22年前の殺害の様子を撮影した動画を持ってテレビに生出演し、「曾根崎は偽物だ」と断言したのです。

実際に、曾根崎は犯人ではありませんでした。真犯人をおびき出すために、牧村と事件の遺族たちが手を組んで、世に出した存在だったのです。映画の様相は一変し、ここから物語は、真犯人と、曾根崎(実際は、22年前の事件の被害者の恋人)・牧村との直接対決に突入していきます。

個人的に、曾根崎が犯人ではないというのは全くの予想外で、かなり驚きました。同時に「これは面白くなってきた…」と、思わず座り直して姿勢を正し、前のめりに。スリリングな展開にワクワクが止まりません。

ところが。後から思えば、この時の盛り上がりがピークだったのです…。

曾根崎は犯人ではなかった。「じゃあ、真犯人は誰?」となりますが、この時点で怪しい人物は一人だけ。もう少し誰が犯人か考えたかった…と思うのは贅沢なのか…?

真犯人と曾根崎の直接対決は、緊迫感はあるものの、「曾根崎=偽犯人」というどんでん返しのインパクトを上回れません。最大の驚きが真ん中くらいにあるストーリーって難しいんだなあ…と、嘆息。

さらに「22年前の事件の時効が実は不成立で、まだ真犯人を罪に問える」という展開も、読めてしまいました。他にも後半は、少しずつ惜しいことだらけ。映画の興奮・満足度のピークは明らかに「曾根崎が偽の犯人だとわかった時点」にあって、その後は下り坂だったことがとても残念です…。

このようにネガティブな感想は正直あります。でも「まだ観ていない人にすすめるか?」と聞かれたら、おすすめします。あっと驚く予想外の展開と、スリリングな中盤は、映画を観ることの楽しみを十分に味わわせてくれました。ネタバレ厳禁で、誰かにすすめてみようと思います。

22年目の告白 -私が殺人犯です- を観た人にオススメの作品


「DEATH NOTE デスノート」
狂気をはらんだ演技に定評のある藤原竜也。本作でもその才能全開でしたが、映画版デスノート・夜神月役は…間違いありません。

\ 関連作品を観る /
U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です