VOD

【VOD 比較】洋画好きにおすすめの動画配信サービスランキング|Hulu、U-NEXT、Netflix…結局どれがいいの?


「洋画は好きだけど、レンタルは高いしめんどくさい」
そんな人におすすめのVOD(ビデオ・オン・デマンド)。

好きな時に、好きな場所で、好きなだけ、
月ごとの定額制で1万本以上の作品が見放題になる夢のようなサービスです。

マスター
マスター
スマホでも視聴可能、
ダウンロード機能を使えば通信制限の心配もなし!

しかし、いざVODに登録するとなると、
Hulu、U-NEXT、Netflix、Amazonプライム、dTV…
などなどたくさんありすぎてどれにすればいいかわからないという問題がでてきます。

そこで今回は、
合計10社のVODに同時契約しているVODオタクの管理人が
たくさんあるVODの中でも洋画好きのあなただけにおすすめしたいVODを厳選して紹介していきます。

スポンサーリンク

洋画好きがVODを選ぶ時に押さえたいポイント

ポイント1:見放題作品が多いかどうか

月額制で見放題と言っておきながら別料金(PPV)の作品を扱っているVODは多く
あまり下調べをしないで登録してしまうと、

「全体の作品数は多いのに見放題で観れる作品が少ない」
という事態に陥ります。

せっかくの定額見放題サービス、
見放題の作品が多いVODを選んでストレスなく楽しみましょう。

ポイント2:ポイント制度で最新作が観れるかどうか

基本的にはVODの見放題サービスではDVDが発売したばかりの洋画を観ることはできませんが、

上でも言ったように別料金(PPV)の作品を扱っているVODは多く、
そのようなVODでは見放題では扱えないような最新作も扱っています。

もちろん月額以外の追加料金を支払いたくない人がほとんどだと思いますが、
ポイント制度を導入しているVODであれば追加料金なしで無料でもらえるポイントを使って最新作を観ることもできるので、
最新作を観たい人はポイント制度があるVODを選びましょう。

ポイント3:字幕と吹き替えの切替を視聴中にできるかどうか

洋画の「字幕視聴」と「吹替視聴」にはどちらにも違った良さがあります。

「この場面は出演俳優の声が聞きたいけど、他の場面は吹き替えで観たい」
こんなわがままを叶えてくれるのが、視聴中に字幕と吹き替えの切替ができるVODです。

ポイント4:英語字幕があるかどうか

英語を勉強中の人にはありがたい英語字幕。

聞き取れなかった英語があっても、
英語字幕があれば答え合わせできます。

ポイント5:ダウンロード機能など機能面が充実しているか

ダウンロード機能

Wi-Fi環境であらかじめ好きな映画をダウンロードしておけば、
外出中でもオフラインで通信規制を気にしないで映画を観れる機能です。

複数人での利用

1つの契約を複数人で共有できるかどうかです。

2000円のVODでも4人で共有すれば1人当たり500円になるので、
安く済ませたいなら必須。

複数人で共有する時に注意したいのが、

  • 最大人数が足りているか(共有できる人数にも制限があります)
  • 個別にアカウントを作ってプライバシーを守れるか
  • 同じタイミングに2人以上が別の動画を再生できるか
  • キッズ用のアカウントを作れるか

の4点です。

画質

4K、HDなど、高画質の視聴に対応しているかどうか。

4K画質に対応しているVODであれば家でも映画館並みの画質で映画を楽しめます。

視聴可能デバイス

VODはパソコンだけでなく、
スマホ、ゲーム機、テレビなど、様々なデバイスから視聴できるので、
自分がよく使うデバイスで視聴できるのかどうかは重要です。

洋画好きにおすすめのVOD(動画配信サービス)

1位:U-NEXT|4000本以上の洋画が見放題(月2149円)

料金 月額2149円(税込)
洋画の作品数 約5000作品
(見放題は4000作品)
最新作 毎月2作品視聴可能
(追加料金なし)
字幕・吹き替えの切替
(視聴中に切替可能)
英語字幕
ダウンロード機能
複数人での利用
(最大4人、プライバシー保護、同時視聴可能、キッズ有り)
画質 4K対応
視聴可能デバイス パソコン、スマホ(アプリ有)、テレビ(Chromecast、FireTV)、ゲーム機(PS4)
洋画以外のジャンル 国内ドラマ・映画、海外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ
無料期間 31日間

U-NEXT公式サイトをチェック

最新作あり、圧倒的の洋画作品数4000本、視聴中の字幕切替対応、ダウンロード機能などの機能面も完備
まさに、完璧。非の打ち所がありません。
 

唯一気になるのは「料金」
確かに他のVODと比較しても月額2000円は高いですが、

よく考えてみてください…
TSUTAYAでDVDを借りると1作品平均して200円。

観れる作品の数だけで考えても、
月に10本以上映画を観る予定のある人であれば元が取れますし、
ダウンロード機能や字幕切替など、U-NEXTの利便性を考えると2000円は安すぎるくらいです。
 

そして、このU-NEXTの再生画面の使いやすさ。

右上のボタンを使えば、ワンタップで、

  • 画質
  • 字幕/吹き替え
  • 再生速度

の切替が可能です。

U-NEXTの無料体験は31日間!いつでも解約可能!

さすがにいきなり2000円は抵抗があるという人でも、
U-NEXTでは最初の31日間は無料なので気軽に登録できます。

無料体験でもクレジットカードや携帯払いなど、支払い方法を登録する必要はありますが、
無料期間中に解約をすれば一切お金はかからないので安心です。

マスター
マスター
気に入らなかったら、いつでも解約できる!

U-NEXT公式サイトをチェック

 

【画像で解説】U-NEXTを無料期間中に解約する手順まとめ「U-NEXT無料期間中に解約すれば本当に無料なのか」→無料です。この記事ではそんな解約方法について画像付きで詳しく解説していきます。...

 

2位:Netflix|1500本以上の洋画が見放題(月864円〜)

料金 月額854円〜(税込)
洋画の作品数 約1500作品
(全て見放題)
最新作
字幕・吹き替えの切替
(視聴中に切替可能)
英語字幕
(視聴中に切替可能)
ダウンロード機能
複数人での利用
(最大5アカウント、最大4人同時視聴可能、キッズ有り)
画質 4K対応
視聴可能デバイス パソコン、スマホ(アプリ有)、テレビ(AppleTV、Chromecast、FireTV)、ゲーム機(PS3、PS4、WiiU、XBOX)
(https://devices.netflix.com/ja/ )
洋画以外のジャンル 国内ドラマ・映画、海外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、バラエティ
無料期間 1ヶ月

Netflix公式サイトをチェック

洋画の作品数ではU-NEXTに劣るものの、月額864円〜という安さで機能面は充実。

そして、Netflixの何よりの魅力はオリジナル作品のクオリティです。


2019年アカデミー賞ノミネート作品「ROMA」など、Netflixのオリジナル作品は今やハリウッドに匹敵します。

そんなNetflixのオリジナル作品の数々はNetflixでしか観れない(他VODに放映権を渡していない*)ので、
オリジナル作品の為だけにNetflixに登録するのも大アリです。

(*参考:自社の動画、外部提供せず ネットフリックスCEO表明|日本経済新聞)

Netflixの無料体験は1ヶ月間!いつでも解約可能!

Netflixのオリジナル作品がすごい!とは言っても、
やはり好みは分かれるので、まずは体験してみてください。

無料体験でもクレジットカードや携帯払いなど、支払い方法を登録する必要はありますが、
無料期間中に解約をすれば一切お金はかからないので安心です。

マスター
マスター
気に入らなかったら、いつでも解約できる!

Netflix公式サイトをチェック

 

【画像で解説】Netflixを無料期間中に解約する手順まとめ「Netflix無料期間中に解約すれば本当に無料なのか」→無料です。この記事ではそんな解約方法について画像付きで詳しく解説していきます。...

 

3位:dTV|1500本以上の洋画が見放題(月540円)

料金 月額540円(税込)
洋画の作品数 約3000作品
(見放題は1500作品)
最新作 追加料金で視聴可能
字幕・吹き替えの切替
(視聴中に切替可能)
英語字幕
ダウンロード機能
複数人での利用
(アカウントは1つまで、同時視聴不可)
画質 4K対応?
(画質が悪くなりやすい)
視聴可能デバイス パソコン、スマホ(アプリ有)、テレビ(AppleTV、Chromecast、FireTV)
(https://pc.video.dmkt-sp.jp/ft/x0002301#multi_device_tv )
洋画以外のジャンル 国内ドラマ・映画、海外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、バラエティ
無料期間 31日間

dTV公式サイトをチェック

dTVは見放題で観れる作品数はNetflixとほぼ同じですが、機能面がイマイチ
画質も悪くなりやすく、複数人で共有する機能も備わっていません。

ただ、
dTVは何と言っても、安い!安い!安い!

その価格はなんと540円、U-NEXTの1/4です。

「機能は必要ないからある程度の作品を低価格で楽しみたい」
そんなあなたにおすすめできるのがdTV。

dTVの無料体験は31日間!いつでも解約可能!

機能面は気にしないとはいっても、
実際に使ってみないと画質の悪さなどの使用感はわかりません。

まずはdTVの31日間無料体験で、あなたの納得のいくサービスかどうか確かめましょう。

無料体験でもクレジットカードや携帯払いなど、支払い方法を登録する必要はありますが、
無料期間中に解約をすれば一切お金はかからないので安心です。

マスター
マスター
気に入らなかったら、いつでも解約できる!

dTV公式サイトをチェック

Hulu、Amazonプライムとか他のVODはどうなの?

Huluは洋画の作品数が少ない。海外ドラマ向け

Huluで観れる洋画の作品数は500本程度
この記事で紹介したU-NEXT(見放題4000本)やNetflix(1500本)と比較してもかなり少ないですね。

Huluは字幕が見やすく、英語字幕もあるので、海外作品を観るのには最適な環境が整っていますが、
その環境を生かすなら洋画ではなく「海外ドラマ」を観るのがおすすめです。

Huluは海外ドラマには非常に強く、
最新作から過去の作品まで人気作品は網羅しているので、海外ドラマが好きな人なら飽きることはないでしょう。

Hulu愛用者だからわかるメリット・デメリット【2019年版】VODの王道!10年以上トップクラスのサービスを提供し続けている動画配信サービス「Hulu」。困ったらHuluと言えるほどの安定感。この記事ではそんな「Hulu」の特徴・サービスを紹介していきます。...

Amazonプライムは見放題の洋画作品が少ない。オリジナルバラエティのついでならアリかも

Amazonプライムビデオは料金が安い(月額400円)ということもあり、
洋画に限らず、見放題の作品は全体的にかなり限られています。

Amazonプライムビデオの魅力といえば、
松本人志の「ドキュメンタル」など、オリジナルのバラエティ番組なので、
オリジナル作品に興味のある人であればAmazonプライムはおすすめです。

プライムビデオ愛用者だからわかるメリット・デメリット【2019年版】Amazonのありとあらゆるサービスをが利用し放題になる「Amazonプライム」。月あたり325円で動画見放題特典も付いてきます。この記事ではそんな「Amazonプライムビデオ」の特徴・サービスを紹介していきます。...

最後に:おすすめVOD全てに無料体験するのもあり

ここまで洋画を観るのにおすすめのVODを紹介してきましたが、
まとめると、

U-NEXT…4000本の洋画が見放題。機能面も非の打ち所がないサービス。

Netflix…2019年アカデミー賞ノミネート。ハリウッド並みのオリジナル作品はNetflixでしか観られない。

dTV…機能面には足りてない部分があるが、その安さ(540円)を考えると超お得。

U-NEXT、Netflix、dTVはどれも1ヶ月の無料体験期間を設けているので、
ずらして合計3ヶ月も無料で洋画を見漁れます。

それぞれに違った良さあがあるので、
全て試して自分にあったものを見つけるのが1番です。

今時のVODライフ、満喫しましょう!

【早見表】VOD14社を利用者が徹底比較 (2019年7月版)|料金・ジャンル・機能・サービス別おすすめの動画配信サービスはこれだ!U-NEXT・Hulu・Netflix・プライムビデオ・dTV・Paraviなど、有名VOD(動画配信サービス)14社を徹底比較。VODを選ぶ際に重要な4点「料金・ジャンル・機能・サービス」それぞれの比較表を使ってわかりやすく解説していきます。...

[PR]
U-NEXT

※本ページの情報は2019年3月時点のものです。最新の配信状況は各VOD公式サイトにてご確認ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です