レビュー

【不能犯】映画の感想|不思議な力を操る殺人者。人間の心の闇に迫るサスペンス


不能犯
総合評価

「不能犯」のあらすじ、感想です。

公開された頃に観た予告が印象に残ったのは、二つの理由からでした。

まずは、聞き慣れない言葉「不能犯」というタイトルのインパクト。

もう一つは、証拠のない殺人を実行する犯人VS警察という、どのような展開になるのか興味をそそられるあらすじです。

漫画が原作で、設定も現実離れしていることから、「リアリティがない」という批判はしないと心に決めて、フィクションの世界を楽しむ気持ちで鑑賞しました。

  1. 「不能犯」とはなにか
  2. マインドコントロールで人を殺す男
  3. 人間の深い心の闇

スポンサーリンク

不能犯 基本情報

原作 漫画 「不能犯」宮月新/神崎 裕也
監督 白石晃士
出演者 松坂桃李、沢尻エリカ、新田真剣佑、間宮祥太朗
公開時期 2018年
ジャンル サスペンス

不能犯 あらすじ

―電話ボックスに殺したい相手と理由を書いて貼っておくと、殺してくれる。

「電話ボックスの男」と呼ばれる殺人請負人に関する噂が、インターネットで広がっていた。

同じころ、東京では不可解な変死事件が相次いでいた。明らかに不自然で異様な死にも関わらず、他殺を示す証拠が一切出てこない。

変死の現場では、たびたび黒いスーツの男が目撃されていたが、防犯カメラや現場の証拠からは、男が殺人を実行した形跡は見つからないため、警察は男のことを「不能犯」と呼んでいた。

杉並北警察署の多田友子は、それでも男が何らかの方法で殺人を実行していると疑い、男の行方を探し続ける。

そんな中、ある事件の現場で、多田はついに黒いスーツの男と接触。任意同行した取り調べで、男は「宇相吹正(うそぶきただし)」と名乗る。

宇相吹こそが、相手をマインドコントロールで操って死に追いやる「電話ボックスの男」だった。

だが、殺人の証拠はないため、多田は宇相吹を釈放する。しかしその直後、またもや宇相吹のターゲットが凄惨な死を遂げて…。

不能犯 ツイッターの反応

不能犯 個人的な感想 ⚠︎ネタバレ有り

「不能犯」という言葉の説明に、一番わかりやすいのは”呪詛”です。

他人を殺す目的で呪術を行っても、呪いで人を殺すことはできない。だから、たとえ相手が死んでもその行為は「不能犯」となり、法律では裁かれません。

映画に出てくる黒いスーツの男、宇相吹(うそぶき)は、殺したい相手の目を見つめて、ある種のマインドコントロールを施し、相手を死に追いやります。

一般にはマインドコントロールでは人は殺せないので、宇相吹は正真正銘の不能犯でした。

あらすじからサイコ・サスペンスを想像していたので、予想外にホラー描写が多かったことには、驚きました。

たとえば、手首の傷に浮かぶ死んだ人間の顔、殺された同僚の亡霊。

いずれも、宇相吹がマインドコントロールで殺す相手に見せる幻影ですが、”いかにもホラー”な演出に、急に映画のジャンルが変わったような違和感がありました。

さらに、血の描写も多めです。じわりと広がったり、プシューと吹き出したり、血まみれシーンの多さは、明らかに意図したものだと思います。

鑑賞後、監督の経歴を見たらホラー映画がずらりと並んでいたので、なるほど…と納得しました。

しかし、度重なるホラー演出が、映画全体に効果的だったか?と言えば、個人的には首をひねらざるを得ません。

「人を呪わば穴二つ」という昔からある教訓の通り、宇相吹に殺人を依頼した依頼者たちは、願いが叶ったにもかかわらず、ほぼ全員が悲惨な末路を辿ります。

最も恐ろしいのは、些細なことから激しい憎しみを募らせて、宇相吹に殺人を依頼する人間の心。

彼らの心の闇の深さ、恐ろしさに比べれば、中途半端なホラー描写はまったく怖くないし、むしろ作品を陳腐にしているのではないかとさえ、思ってしまいました。

このように、今一つしっくり来ない所もある映画でしたが、先の展開が気になり、途中で飽きることはなかったし、心に残る点もありました。

宇相吹のように、マインドコントロールで人を殺せる人物は、現実には存在しません。

しかし、思い込みや誤解によって憎しみを募らせたあげく、人を殺す…という事件は、日常的に起きています。

つまり、「不能犯」の世界と、現実の世界とでは、起きていることはさほど変わらない。 

この事実に気が付くと、やはり一番怖いのは普通の人間なのだと、思い知らされました。

刺激的なシーンの多いサスペンス映画ですが、なかなか考えさせられるテーマも含有している作品でした。

不能犯 を観た人にオススメの作品


「22年目の告白 -私が殺人犯です-」
時効成立後に名乗り出た殺人犯。センセーショナルな展開の中で、観る者の倫理感が問われる。意外に社会派のサスペンス映画です。

【22年目の告白 -私が殺人犯です-】映画の感想|時効成立後に名乗り出た真犯人。衝撃のサスペンス。映画「22年目の告白 -私が殺人犯です-」のあらすじ感想。未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件。突如「自分が真犯人だ」と名乗る男が現れる。男は派手なパフォーマンスで世間の注目を集め、事件の遺族や関係者は男の言動に翻弄される。...

\ 関連作品を観る /
U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です